廃棄物処理を超えて

許可申請等の手続のため都庁に行くことがあります。

そのときふと売店をみると「東京水」なるものが売っていました。
自然豊かな土地から採取した天然水ではなく、大都会東京の水処理施設から出た水を販売する。
その行為に東京の水処理システム、設備の能力の高さへの自信、意気込みを感じます。

「もったいない」という言葉が一時期もてはやされましたが、捨てるものを再度使えるようにする、再生するということ自体が今後日本の強み、ブランドになっていくのかもしれません。

その意味で廃棄物の処理、再生はまさに最前線。
私も最前線にいる皆様のお手伝いをできることに日々喜びを感じています。

当センターは25年以上にわたり廃棄物処理のコンサルティングに携わってまいりました。
その知識、経験を生かし、廃棄物処理の最前線にいる皆様をお手伝いいたします!
 廃棄物・リサイクル手続センター(行政書士法人小野寺事務所)  TEL 03-3590-7344