次のような質問が多く寄せられます。

・自社から出た産廃の廃プラを自社工場内で破砕することはできますか。
  →自社工場で破砕することは可能ですが、廃プラスチック類の破砕処理能力が5t/日を超える場合、
    産業廃棄物処理施設(15条施設)設置許可が必要となります。   

・ 収集運搬業者ですが、車両が通過する場所の収集運搬業許可は必要ですか。
  → 排出元と処分先がある都道府県の産廃収集運搬業の許可だけで問題ありません。

・産廃を車両に積んだまま駐車場に置いておくのは問題がありますか。
  → 積替え保管を含む産業廃棄物収集運搬業許可が必要となります。

・容器リサイクル法で廃プラを破砕するには中間処理の許可が必要でしょうか。

・建物の下請け解体業者ですが、産廃業その他の許可は必要ですか。

・解体現場から出たレンガくずは産廃の種類としては何に当たりますか。

・がれき類の破砕施設を市街化調整区域に設置したいのですが許可は取れますか。

・市街化調整区域に産廃関連の建物を作りたいのですが可能ですか。

・市街化調整区域で保管積替をしている業者から売りたいといってますが、そこに建っ

 ている建物などを引き続き利用できますか。

・工事現場から出る産廃を選別したのち、いわゆるごみ状の廃棄物が残りますがこれ

 をさらにふるいにかけ、残土に近い形状にしたものは廃棄物でなくなりますか。

・中間処理業者ですが、自社で中間処理したものを他社の埋め立て処分場に運ぶには  

 収集運搬業の許可はいりませんか。

・一般廃棄物の圧縮をしたいのですが、一日の最大処理能力は3トンです。どんな許可

 が必要ですか。さらに、コンポストの施設(一日の最大処理能力は2.5トン) を追加

 しようと思いますがいかがでしょうか。

・都市計画審議会にかけるのはどういう場合ですか。

・廃棄物処理の機械の選定はどのように行えばいいでしょうか。

・廃棄物処理施設のために土地を探しています。どんな点に注意したらいいでしょうか。